お金を借りる

消費者金融でお金を借りるには?

お金を借りるのは難しい?

お金を借りたくなること、誰でも体験したことがあるのではないでしょうか。お金を借りるのは難しいと考えられがちですが、決して難しいだけではありません。申し込みの方法や借入方法をたくさん準備してある消費者金融では、自分が利用しやすそうな方法を選ぶことができますね。

 

消費者金融は、利用者の使いやすさをサービスの一つとして追求しているため、お金を借りる難しさを感じることなく、スムーズな借入に到達することができるでしょう。インターネットを利用することで、時間や手間の短縮を図れます。ネットを使いやすくなっていたり、ネットとその他の申し込み方法などを組み合わせたりできるのも消費者金融の特徴です。

 

消費者金融の利用は、お金をすぐに準備できるという点がメリットとなるだけではありません。その安心感もついてくるものです。お金のピンチになりやすい方は、上手に消費者金融を使っていくことで、お金の計画も立てやすくなるでしょう。

 

もちろん、準備や審査などが一切なく借りられるというわけではありません。しかし、その手間がとても少なくなっています。これまでにお金を借りたことがない方にも分かりやすいステップで、手続きを進めることができます。お金は借りた後のことも重要ですね。返済を問題なく行ってきちんと完済できることも、お金を借りる場面ではとても大切なこととなるでしょう。

 

お金を借りることにおいて、難しさをできるだけなくすことは利用者の方ができることです。申し込み先を選ぶこと、中でも使いやすさに特徴がある消費者金融にしておくのがおすすめです。

 

消費者金融とは?

消費者金融とはどのような金融機関なのでしょうか。名前は知っていて身近な存在ですが、はっきりとこんなところ、と説明するのは難しいですね。消費者金融とは、貸し付けを主な業務としていること、また個人が対象になっていることなどを大きな特長としている貸金業者やその業態のことを意味しています。

 

銀行のように口座開設や株などの他商品を取り扱うこともなく、個人への貸し付けを行っているのが消費者金融です。貸し付けを専門に行っていることで、利用者が求めるものをすばやく提供できるという側面があります。たとえば、今すぐ借りたいという希望や、どこにも行かず誰とも会わずに借りたいといったことも消費者金融なら無理なく叶えることも可能でしょう。

 

以前は金利の高さや違法な業者など、安全性に不安があったかもしれません。しかし今、消費者金融は貸金業法の規制を受けています。金利、限度額、取り立てなど細部に至るまで法律で定められているのです。もちろん法外な金利を請求するような悪徳業者がなくなってしまったわけではありません。しかし、安心して申し込みができ、お金を借りる方法もたくさんあるのです。また大手消費者金融を中心に銀行と提携を結んだり、系列会社となっていたりと、安心して申し込めるような材料も増加しています。

 

消費者金融は、仕方なく申し込む、他に選択肢がないから…といった状態で利用する金融機関ではなくなっているといえるでしょう。ネットを活用しやすいこと、店舗が多いこと、なども利用者にとっては利便性の高さと安心できる金融機関の一つとして選べるはずです。

 

なぜ消費者金融が選ばれる?

消費者金融はなぜ借入先としてたくさんの方に選ばれているのでしょうか。もちろんその理由は一つだけではありませんが、お金を借りる時に押さえておきたいポイントを消費者金融は兼ね備えているのです。

 

まず金利です。上限金利は利息制限法という法律によって決められています。借入額に応じて15%から20%の上限金利が定められているのです。出資法は超えないグレーゾーン金利といったものも、貸金業法の改正と併せて廃止されています。今の消費者金融では最高金利は18%程度のキャッシングやカードローン商品がたくさん見つかるでしょう。

 

次にネットなどの利用における充実性です。申し込み、審査、契約、借入、返済といった消費者金融の利用における流れをすべてインターネットで済ませることができるところも多いのです。借入のためにわざわざ時間をとる、どこかへ行くといった必要なく、自分がいる場所から空き時間を利用してサッとお金を借りることができるようになるのです。

 

他にも、安全性や安心感の高まりもあるでしょう。コマーシャルでよく見かける、駅前に店舗があるといったように、知名度などからも不安を感じることなく申し込みができるでしょう。三井住友フィナンシャルグループのグループ会社であるプロミス、三菱UFJフィナンシャル・グループに属するアコムといったように銀行と同グループの一員であることも安心して申し込みできる理由となりますね。消費者金融は選びたくなる理由が揃っており、選んだ後も使いやすくなっています。

 

誰でも消費者金融で借りられる?

申し込みやすいのが消費者金融ですが、誰でもお金を借りることができるのでしょうか。貸金業法の改正によって、消費者金融を含む貸金業者では本人収入がある方しか申し込みができなくなっています。専業主婦の方も改正前は申し込みができましたが、ごく一部の消費者金融を除いて申し込めません。

 

また年齢条件も、どのような消費者金融でも設定されています。満20歳以上というのは多くの消費者金融で共通している下限年齢となるでしょう。ただし、一部は23歳以上や勤続年数などに条件があるものもあり、申し込み前に確認が必要です。上限年齢は、各消費者金融によって違います。また新規申し込みの上限年齢と、利用中に追加借入などができなくなる上限年齢が違っていることもあり、その年齢に近い方はこちらも確認しておくとよいでしょう。

 

これを除けば、安定した収入が継続していること、という条件を満たしておけば申し込みやすいのが消費者金融です。アルバイトやパート、契約社員など勤務の形態も問われません。自営業者の方や、農業、漁業といった収入の安定度が低いと考えられている方も、申し込みできないわけではありません。収入が少ない月に基準を置いて申し込むとよいでしょう。

 

消費者金融はもちろん誰でも借りられる、というわけではありませんが、申し込みできる対象者は多いのです。現在、貸金業者からの借入をしているのは、日本では8人に1人というデータもあります。