消費者金融と銀行でお金を借りる違い

お金を借りる時には銀行、それとも消費者金融、あるいは誰かに頼む…と悩んでいないでしょうか。ズバリ「どんな時に」「いくらぐらい」「いつまでに」お金が必要なのかによって、申し込み先を決めるのがベストです。大きな金額を借りたい時には銀行、急いで必要なら消費者金融と分けて考えている方もいるかもしれませんね。しかし、ローンによっては、その考えとは違う選び方をしたほうが適していることもあるのです。

 

たとえば、銀行カードローンなら審査時間が短いものもたくさん登場しています。消費者金融と変わらぬ審査時間最短30分で、すぐに借りられるようになるものも見つかるほどです。そうなると、急ぎの借入は絶対に消費者金融でないといけないと固定観念を持つほうが、適したローンを逃すことになってしまうかもしれませんよね。

 

また、消費者金融のキャッシングやカードローンでも、大型の限度額300万円、500万円といったものが多く見つかります。目的のある借入であっても利用できるため、借入までのスピードはそのままに、より使いやすく借りられる方法となっているとも言えるでしょう。つまり、大きな金額だから絶対に銀行に行くと決めつけてしまわないほうが良いのです。

 

もちろん同じカードローンでも、消費者金融では総量規制を含めた貸金業法という法律の下で利用することになります。借りられなくなった法律と考えている方も多いのですが、実は貸金業法は利用者の保護を最優先としているものです。安心して申し込みができる材料となってくれるでしょう。

 

消費者金融と銀行という金融機関での区別ではなく、個々のローン商品の金利や限度額、借入・返済方法などの違いをしっかりと比較することがベストです。そのためには自分がどうお金を必要としているのか、ここをはっきりとさせておきましょう。