大きなお金を借りたい時も消費者金融を選ぼう

大きな金額を借りたい、まとまった額を必要としている時にも消費者金融を選ぶことも可能です。消費者金融では総量規制の額以下しか借りられませんので、それを前提に借入額を決めるようにしましょう。

 

総量規制の額とは、年収の3分の1以下の額となります。貸金業者からの借入を総合計するため、すでにキャッシングなどを利用していれば、申し込める額は少なくなります。

 

キャッシングを利用したいと考えるのは、手元にお金がない時が多いでしょうか。しかし年収の3分の1ということは、300万円の年収がある方なら100万円までキャッシング可能となります。これだけの金額が利用できるなら、ブライダルやトラベルといった、目的ローンに分類されるローンの代用として使っても文句なしでしょう。さらに消費者金融らしい審査時間の短さはそのまま活かすことができます。それでいて書類は目的ローンよりも少なくできるといったように、借入までの手間を減らすことも可能です。

 

住宅ローンの代わりのように極端に大きな額を利用することは難しいですが、必要額に応じては消費者金融に申し込むのも一つの方法と考えられるでしょう。消費者金融でも、借入額に応じた金利の幅が設定されていることが多いですね。中には銀行カードローンと大きな金利の違いがないケースもあるのです。

 

消費者金融は、スピード感を大切にしたい時に申し込むことが多いですね。大きな金額を必要としている時でも、すばやい借入という点はさほど変わらないため、安心感もあるでしょう。借入目的と必要額がクリアになっていれば、申し込み先の範囲は逆に広がる可能性もあるということです。大きな金額を必要な際にも、一度消費者金融の取り扱うローンスペックなどを確認してみましょう。