お金を貸して!と言いにくい…

親や兄弟、もちろん友人などにお金を貸してとは言いにくいものですよね。親や兄弟なら、返すからと約束して頼むことはまだできるかもしれません。しかし友人であれば、どれほど返すからと言ったところで、貸してほしいと頼んだ時点で友情も終わりとなり兼ねないのです。

 

これには借りるほうは返済を忘れやすくなる、貸したほうは言いにくいということだけが原因ではないのです。借りた者の心理としては、一旦自分の手に入ったお金は自分のものと思い込んでしまうことがあります。返済する時になぜか惜しいと感じてしまうのです。借りて感謝いっぱいの気持ちで返済するということは少なく、借りておきながら返す時になぜかもったいないと思ってしまうことがあるほどなのです。

 

もちろん通常は、誰かにお金を貸してほしいとは簡単には頼めないものでしょう。そういった事態を避けるためには、お金を貸している金融機関や金融業者などに依頼するのがベストの解決法となります。

 

中でも消費者金融は、すぐに借りたい時に最適です。また、お金を借りる目的を自分で自由に決められるので、時々訪れるお金のピンチにもその都度申し込みから始める必要がありません。消費者金融では、返済のサポートがしっかりしているところも多く、シミュレーションを行ったり、返済日にお知らせメールが届いたりと、無理なく確実に返済していくことも可能です。

 

誰かにお金を貸してと頼んだことで、後々大きな影響が出てきてしまうよりは、消費者金融などで適切な額を借りましょう。そして、利息の負担をできるだけ少なくする方法を利用して返済してしまったほうが、よほど安心感も高いものでしょう。